ひょうご就農支援センター

HOME >> 取り組みたい農業のイメージは? >> 独立して農業を始めたい

取り組みたい農業のイメージは?

独立して農業を始めたい

農業を職業とするためには、

  1. 農業を自らの経営として営む。
  2. 農業生産を行っている会社(農業法人)に従業員として就職する。

 という2つの方法があります。
 「独立して農業を始める」ことは、農業を自らの経営として営む、ひとつのビジネスを起こすこと(起業)です。
 そのためには、農業経営として、良い農産物を生産し、有利かつ安定的に販売し、しっかりと収支管理を行うことが大切で、このことは、企業が製品を生産・販売し、企業経営を行うことと基本的に何ら違いはありません。
 たとえば、レストラン経営を始めるには、調理技術を習得することをはじめ、店舗・厨房機器・什器や運転・生活資金の確保、集客宣伝、経営管理等が最低必要です。
 これと同じように、本格的に農業をはじめるためには、

  1. 技術の習得(農作物の栽培や経営管理の技術)
  2. 農地の確保(農業経営を開始できる面積の確保、農地法の取得制限)
  3. 資金の確保(農業経営に必要な農業機械・施設・資材等を確保するための資金や経営安定までの生活資金)
  4. 住宅の確保(農村地域への転居等)

 の4条件をクリアしていくことが最低必要です。
 実家の農業を後継する場合は、4条件が整っていますが、新規参入の場合は、新たに4条件を満たす必要があります。
 また、独立して農業を開始する場合、農村が生活の場となりますので、農業を営むための集落での共同作業(草刈り、水路掃除など)への参加、集落コミュニティとのつきあいなども忘れてはなりません。
 さらには、何よりも家族(親、配偶者、子供等)の理解(生活の維持、労働力の提供等)がなければ、独立して農業経営を開始することは困難です。

pagetop