ひょうご就農支援センター

HOME >> 取り組みたい農業のイメージは? >> 農業法人で働きたい

取り組みたい農業のイメージは?

農業法人で働きたい

 農業生産を行っている会社(農業法人)に従業員として就職を希望する人も増えています。
 独立して農業を始めたいが、農業技術や資金もないので、まず、農業法人で何年か従業員として経験を積んでから、数年後に独立をめざす方もあります。
 また、最近では、農業分野のサラリーマンをめざして、一般企業に入社するのと同じように、農業法人へ就職を希望する方もよく見受けられます。
 農業法人側でも、経営規模の拡大や経営の複合化・多角化を図るために従業員(農作業以外にも経営管理等の事務的部門も)を求める場合とともに、最近では、農業の担い手育成に力を注ぐために積極的に受け入れを行っている農業法人も増えています。
 しかし、求人を行う農業法人と求職者とのミスマッチがあるのも事実です。
 たとえば、農業法人は、若くて、元気でよく働く人を求めているのに対して、求職者は、若い人から中高年まで幅広く就職を希望しており、また、給料や勤務時間などの勤務条件でも求人側と求職側で大きな開きがある場合もよくあります。
 特に、農業法人の経営形態・方針にもよりますが、勤務時間が年中一定ではなく、季節や繁閑の差があるのが一般的であることを十分踏まえておく必要があります。

pagetop