ひょうご就農支援センター

news新着情報

2021.9.15
百聞一見に如かず 先輩就農者の声を聞いていみたい者集う
令和3年度就農希望者バスツアー開催について
令和3年度就農希望者バスツアー開催について
開催日時

10月30日(土) 9:00~17:30

訪問先プロフィール

① 豊嶋農場 (豊嶋良和氏、有機) 養父市大屋町天満山(大屋高原)
朝来郡和田山町(現朝来市和田山町)出身。 兵庫県農業会議(現ひょうご農林機構)のインターンシップ研修を経て、平成29年度に雇用就農、その後、独立就農。
有機無農薬の大屋高原野菜を、4月から11月の間、主に、ほうれんそう、みずな、小松菜などを栽培。雪に閉ざされる12月から3月までは、他業種に従事するほか、ウインタースポーツを満喫。
経営規模:農地102.9a、ハウス26棟(300㎡・5棟、250㎡・5棟ほか)

② Mill Leaf (田村和樹氏、有機) 養父市大屋町蔵垣
西宮市出身。奈良県の農園での研修、県立農業大学校の1年間の実践研修を経て、平成25年に、祖父母の住む養父市に孫ターンし、就農。「おおや有機の学校」に入校し有機を学ぶ。ほうれんそう、みずな、小松菜などの施設野菜、なす、ピーマン、オクラなどの露地野菜を栽培。
経営規模:農地60a、ハウス3棟(210㎡・2棟、120㎡・1棟)

③ Farm咲us(ファームさかす・田中健一氏、岩津ねぎ)朝来市和田山町立脇
神戸市出身。父親の実家がある朝来市に孫ターン。市内の先進農家で3年間、市の特産品である岩津ねぎの栽培方法を学び、令和2年4月に独立就農。岩津ねぎに加えて、今後の特産化を目指して小玉スイカの栽培に取り組む。
経営規模:農地80a、岩津ねぎ、小玉スイカ、枝豆(秋)、白ネギ(秋)、朝倉山椒

行程

8:45   集合 JR姫路駅南口
9:00   JR姫路駅南口出発
11:00~11:45  ①豊嶋農場見学
12:00~12:45  ②Mill Leaf見学
13:00~13:40  昼食(但馬楽座)
14:00~14:45  ③Farm咲us見学
17:30  JR姫路駅南口解散

募集人数

20名 正座席49の大型バスを手配
密を避けるため、49÷2≒24名を最大数とする。参加者20名、スタッフ4名

参加費

1,500円(昼食代)

募集方法

※バスツアーを希望される方は、HPの就農相談カードに入力いただき、相談カード最下段「通信欄」に「就農希望者バスツアー参加希望」と記載、参加人数(一組2名まで)を合わせてご記入してください。

なお、すでに相談カードの入力済みの方につきましては、下記メールアドレスに「氏名、●人参加希望」と記載の上、送付願います。

担当 (公社)ひょうご農林機構・ひょうご就農支援センター 赤井
電話:078-392-1222
メール:akai_yasunobu(a)forest-hyogo.jp

締め切り

申込期限:10月20日(水)

新型コロナウイルスへの対応

緊急事態宣言発令中:中止する。
まん延防止等重点措置発令中:感染予防対策を徹底し実施する。

ページトップ
© 2021 Hyogo Farming Support Center. All rights reserved.